スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんか違うぞ、日本の税金

 今日、競馬の外れ馬券が経費と認められる判決が下りたというニュースがあったでござる。とても大雑把に概要をいえば、被告人は、競馬の予想システムを作り、この予想に従って馬券を3年間で約28億7000万円分、購入し、約30億1000万円の払い戻し金を得て、約1億4000万円の黒字だった。

弁護側は、所得は実際のもうけである、1億4000万円であると主張しているのに対し、検察側は当たり馬券の購入費用である約1億3000万円だけが経費であり、所得は28億8000万円であるから、これにかかる約10億円の税金を納めてください、と主張していたのでござる。

判決は弁護側の主張が通ったので、めでたしめでたしなわけなのだが、そもそも税金を払うためには担税力(税金を負担する力)が必要でござる。1億4000万円しかもうけていない人に、10億円の税金を納めてくださいというのは、おかしいと思うのでござる。

前置きが長くなったが、これと似たような話がある。バブル期に借金をして購入した収益目的の不動産があるとする。バブルが崩壊し、その不動産の収益力・資産価値は当初より相当に落ちている。しかし、収益力は落ちても、利益があれば税金はかかる。そして、何よりも借金はバブル期の不動産の金額に対してのものだから、当初の収益力がなければ、返済はつらいものとなるざるをえない。利益以上の返済をしているにもかかわらず、税金は高いままなのだ。しかし、資産価値の減少を税金にも反映することができれば、こんなことは起きないはずなのだ。

これに係らず、日本の税制は票をとることが最大の目的になってしまっていて、どうも時代に応じたものになっていないのではないかと思うのでござる。

確定申告終了!

 昨日、やっと確定申告業務が終了したでござる。3月10日くらいまでには終了するつもりで、昨年の仕事量+αの準備していたのだが、予想以上のαだった。派遣社員さん、他の税理士さんの手を借りて、なんとか無事に終了できたのでござる。本当に感謝、人の力は大切だ。

 そして、今日からはたまりにたまってしまった日常業務を素早く処理していかなければならない。早く落ち着いて休みたいでござる。

セミナー

少し前に、尼崎信用金庫でセミナーの講師を務めさせていただきました。タイトルは「1日で分かる、決算書の読み方セミナー!」

実はこれ、以前に3時間の内容で作ったセミナーを、より基礎的な部分を切り取って半分の1時間半にしたものです。実際に簡単な決算書を自分で作成しながら、決算書の核である貸借対照表と損益計算書の基本的な読み方、構造を理解していこうという入門レベルのプログラムなのです。参加者の半分くらいは、入門レベルではなかったようですが・・・。

しかし、このセミナーは貸借対照表と損益計算書の関係性、役割が理解できるように作っているつもりです。実は、これこそが本当に伝えたいことで、多くの人が分かっているようで、分かっていないことなのです。これが分かると、決算書を深く読めるようになります。基本は大切です。

次回は、実際の決算書を読み解くセミナーか、実際の経営上の問題を議題に、参加者が討議する会みたいなことをするとおもしろそうだなと密かに思っています。

10日戎

・・・には行けなかったので、残り福をいただきに西宮神社に行ったのでござるが、昨年の笹持っていくのを、忘れてしまったでござる。だから、拙者の事務所には今現在、笹が2つある。これって、どうなんだろう?まあ、大切なことは、神社にお金を納めることだと思うので、気にしないことにしよう!

今思い出したのだが、去年、厄払いに行くのも忘れていたでござる。でも、何も悪いことはなかったので、これも気にしないことにしよう!

今年

本日やっと、年賀状を作成し、大掃除をした。忙しかったというよりは、何日かをぼーっと過ごしてしまったためなのだが・・・。 

今年は、開業以来積み重ねてきたことが、少しだけ開花してきたことを実感できる年だった。それゆえに、来年以降も、自分のこれまで行ってきたことが正しいのだと信じ、方向性は変えずに進んでいくことを強く決意できたのでござる。結局のところ、一人でできることは限られているので、お客様や取引先とWINーWINの関係を作り、これをより強固に、そして、より大きなプラスの循環を作っていきたいと思う。

今年がホップなら、来年はステップくらいにはしたい。来年は早々に某金融機関でセミナーを行う予定だ。しっかり、準備しなきゃ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。