スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカンドリーム

昨日ニュースで放送されていたのだが、アメリカ人はヨーロッパの債務危機や高い失業率にも関わらず、今年のアメリカ経済は「良くなる」と考えている人が75%、「悪くなる」と考えている人が22%いるそうだ。また、自己の生活は3/4が改善すると考えており、7割の人は「夢は実現できる」「努力はいずれ報われる」と思っているそうでござる。とにかく、前向きだ。年末の格差デモもこれは格差そのものではなく、富裕層の優遇税制など、制度の不公正、機会の不平等に対する抗議というのが本質らしい。日本で同じアンケート調査をすると、どのような結果になるのでござろうか。少し調べてみたのだが、残念ながら分からなかったでござる。

しかし、中小企業の社長はこのアメリカ人に近い感覚を持っているの人が多いのではないかと、個人的には思う。拙者自身もそうなのだが、拙者の税理士事務所のお客様と話していると、大半のお客様が同じような考え方を持っているように感じるのでござる。まあ、自分で起業している人がほとんどでござるから、当然と言えば当然かもしれぬが。

ところで、先日 車を購入した。購入したといっても納車はまだだ。このときにいくつかの販売代理店にインターネットで車の見積もりを依頼したのだが、メールで見積もりが返ってくるだけで、誰ひとり電話も掛けてこなかった。会社が高い広告費をかけて獲得した見込み客を大切にしているようには思えなかった。車のセールスのスタイルがそういうものなのかもしれないが、拙者は税理士になる以前は住宅の営業をしていたので、その頃の営業スタイルと比べるとかなりの温度差を感じた。

競争の厳しい時代ではあるが、やるべきことをしっかりとやりきれば、まだまだ勝っていくことはできるのではないか、そう思ったのでござる。  


加茂川税理士事務所プラスのHPはこちら → http://www.kamogawa-tax.com/

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。