スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マネーボールと回帰分析

マネーボールは今ブラッドピット主演で公開している映画のタイトルでござる。映画を見たかったのだが、誰も一緒に観てくれないので本を読んだのでござる。

現在は松井選手も所属するオークランドアスレチックスの2002年の年棒総額はおよそ4000万ドル。対して、ニューヨークヤンキースの年棒総額は1億2600万ドルと3倍以上の開きがある。にも関わらずオークランドアスレチックスは快進撃を続けるのだが、面白いのはその手法にあるでござる。

野球選手が勝利にもっとも貢献する能力は何か?この視点から偶然性を排除し、勝利するために必要な能力を金融工学の手法を駆使して分析し、その能力が高い選手を獲得する。そして、勝利に貢献する能力として優先順位が高いのは、守備力よりも攻撃力であり、打率や足の速さよりも出塁率つまりは選球眼にあるという風に結論づける。

そのようにして独自の選手評価基準を設け、これまでの一般的な野球選手の評価基準では評価されなかった埋もれた選手を発掘して安い価格で獲得し、この仮説を立証するためのチームを作り、戦術を立てる。監督は飾り物に過ぎない・・・。

データ分析に重きを置くのはよく理解できるでござる。ただ、ずっとサッカーをしていた拙者は、モチベーションとか感情的な部分も大切にしたいなあと思うのでござるよ。

ところで、私の税理士事務所でも顧問先から要望があれば回帰分析サービスというサービスを行っている。

回帰分析というのは経済学やマーケティングで使われる分析手法だ。例えば、人口に占める高齢者の割合が高いほど、ある商品の売上が高いと仮説を立て、地域ごとの高齢者割合と売上データを回帰分析してみると、その仮説がどの程度信憑性があるのかということが分かる。

あるいは、売上の多い営業マンほど、顧客訪問件数が多いと仮説を立て、売上件数と訪問件数を回帰分析し、さらにどういう能力が売上や訪問件数と相関性が高いかなどを分析することができるでござる。

しかし、実際に分析するにあたっては、多面的に分析をするために多くの仮説とデータが必要となるのではござるが・・・。

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。