スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイブフォース分析

当事務所のお客様の中でも、多くの顧客企業が大なり小なり、新しいビジネスにチャレンジしており、そのような相談を受ける機会も増えてきています。そのビジネスに参入するか否かを検討する際に役立つ考え方のひとつにファイブフォース分析というものがあります。ただ、この考え方は新規参入だけでなく、自社の立ち位置を考える場合にも役に立つのではないかと思います。
 
ファイブフォース分析とは、マイケルポータ-教授の「競争の戦略」という本にある、様々な業界の構造をファイブフォースつまり、5つの力という視点から分析する方法です。5つの力とは・・・

①新規参入業者の脅威 
②業界内の競争 
③代替品の脅威
④買い手の交渉力
⑤売り手の交渉力

これらの要因によって、その業界の競争状態と収益性が定まると考えます。次にこのファイブフォースをかなり大雑把に紹介します。

①新規参入業者の脅威
新規参入業者が増えれば増えるほど、競争は激しくなり、販売価格が低下するか、製品提供コストが上昇することで、収益性は低下しやすくなります。そして、新規参入の脅威がどの程度であるかは、参入障壁がどの程度であるかによって決まります。例えば、新しく会社を作り、自動車を製造販売する事業と飲食業のどちらかに参入するなら、多くの人はおそらく飲食業を選ぶでしょう。それは自動車業界は飲食業界よりも参入障壁が高いからです。

②業界内の競争
業界内の競争が激しい場合には、やはり価格競争などによって収益性は低下しやすくなります。

③代替品の脅威
代替品とは、ある製品と同じ機能を持つ製品などをさし、買い手の同じニーズを満たすもののことを言います。例えば、雑誌や新聞に対するインターネット、ポケベルに対する携帯電話などで、これらは既存製品の収益性を脅かします。

④⑤買い手の交渉力、売り手の交渉力
買い手とは、小売業からみれば消費者、製造業や卸売業からみれば小売業が買い手にあたります。逆に売り手とは、小売業からみれば、製造業や卸売業、製造業からみれば、原料メーカーということになります。すなわち、買い手の交渉力、売り手の交渉力とは、取引先や顧客との力関係の問題です。

現在は自社の属する業界や新規参入を検討している市場について、インターネットにより多くの情報を得ることができますから、ファイブフォース分析にある5つの視点から、考察してみても面白いと思います。

詳しく知りたい方は、まず「競争の戦略」ではなく、そのエッセンス本を読まれるとよいと思います。


コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。