スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネットオークション

 会計ソフトに「弥生会計」というのがあります。この「弥生会計」は毎年バージョンが更新されます。ただ困ったことにお客様が仮に「弥生バージョン1」を購入し会計処理をしているとすると、そのデータを読み込むためには税理士事務所のほうでも「弥生バージョン1」が必要になります。しかし、古いバージョンのものは市販されていませんので、これを手に入れるためにはインターネットオークションを利用します。

 ヤフーオークションは自動入札という方式をとっており、買い手は自分の限度額を登録しておくと、現在の最高額が自分の限度額より低ければ、その最高額に最低入札単位(例えば500円)を上乗せした金額が自分が登録した限度額まで自動的に入札されます。

 転売することを考慮しなければ、その品物の自分にとっての価値は、他人がどう評価するかに関係なく決まります。仮に自分の評価額が10,000円だったとしますと・・・

 現在の価格が10,000円未満の場合に他の買い手が残っていなければ、自分が勝者となり、自分の評価額より低い価額で品物を獲得することができますのでその差額分の利得を得ることができます。

 しかし、価格が10,000円を超えると、自分が勝者になろうとすれば評価額より高い金額をその品物に支払うこととなりますので、その上乗せ分は損をします。

 オークションから降りれば何も支払わず、何も得ませんので、損得は0です。

 したがって、他のオークション参加者がどのように行動しようとも、自分の評価額を登録しておくことがヤフーオークションでの最適戦略となります。

 全員がこの戦略をとると、オークションが進み2番目に高い評価額に達したところで、そこに最低入札額(例えば500円)が上乗せされ、最も高い評価をしたもの以外の買い手が全員オークションから降りてオークションは終了します。つまり、このオークションでは、評価額の最も高い参加者が2番目に高い評価額に最低入札額を上乗せした金額で落札します。

 私の「弥生会計」のケースでは私は必ずこれを手に入れる必要がありましたので、10万円(定価で7万円位です。)の値をつけてオークションに参加しましたが、落札金額は2万円でした。ゲーム理論的には私は8万円分の得をしたことになるのですが・・・現実は微妙。

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。