スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AMAZON恐るべし

先日、あるお客様の会社で打合せをして帰ろうとしたときに、ちょうどAMAZONの荷物が届いた。そこで、AMAZONの話になったのでござる。

そのお客様は女性なのだが、本を買うときは、本屋で本を立ち読みし、気に入ったらAMAZONに注文するのだそうだ。「その本屋さんで買ってあげてくださいよ。」と拙者が言うと、持って帰るのは重いから嫌なのだそうだ。さらには、もしその本屋さんが宅配してくれるなら、そこで買うのだが、宅配サービスのない本屋さんが悪いのだそうだ。そして、服を買うときも、店で実物を見て、インターネットで注文することが時々あるのだそうだ。ただし、罪悪感はあるようでござるが。

他の女性にも聞いてみると、本が重いからAMAZONで買って宅配してもらうことも、服を店で見て、インターネットで注文することも、女性にとっては珍しくない消費行動なようだ。

店でものを売ることの付加価値って何だろう?

本当に売らなければならないのは何なのでござろうか?

これを考えるとビジネスモデルになり得るのだろうが、アイディアは出たり出なかったりだし・・・難しい時代でござる。

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。