スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんか違うぞ、日本の税金

 今日、競馬の外れ馬券が経費と認められる判決が下りたというニュースがあったでござる。とても大雑把に概要をいえば、被告人は、競馬の予想システムを作り、この予想に従って馬券を3年間で約28億7000万円分、購入し、約30億1000万円の払い戻し金を得て、約1億4000万円の黒字だった。

弁護側は、所得は実際のもうけである、1億4000万円であると主張しているのに対し、検察側は当たり馬券の購入費用である約1億3000万円だけが経費であり、所得は28億8000万円であるから、これにかかる約10億円の税金を納めてください、と主張していたのでござる。

判決は弁護側の主張が通ったので、めでたしめでたしなわけなのだが、そもそも税金を払うためには担税力(税金を負担する力)が必要でござる。1億4000万円しかもうけていない人に、10億円の税金を納めてくださいというのは、おかしいと思うのでござる。

前置きが長くなったが、これと似たような話がある。バブル期に借金をして購入した収益目的の不動産があるとする。バブルが崩壊し、その不動産の収益力・資産価値は当初より相当に落ちている。しかし、収益力は落ちても、利益があれば税金はかかる。そして、何よりも借金はバブル期の不動産の金額に対してのものだから、当初の収益力がなければ、返済はつらいものとなるざるをえない。利益以上の返済をしているにもかかわらず、税金は高いままなのだ。しかし、資産価値の減少を税金にも反映することができれば、こんなことは起きないはずなのだ。

これに係らず、日本の税制は票をとることが最大の目的になってしまっていて、どうも時代に応じたものになっていないのではないかと思うのでござる。

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。