スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iphone買いました

拙者もついに買ったでござる。

拙者のような消費者をマーケティングの世界では、レイトマジョリティと呼ぶ。これは何かというと新製品が市場に出回ったときから、それぞれの消費者がその製品を購入するまでの時間には、ばらつきがあり、その時間によって消費者全体を5つに分ける考え方があるのでござるが、その5つの区分のうちの一つがレイトマジョリティと呼ばれるものだ。その5つとは、

①イノベーター(2.5%)・・・積極的にリスクを受け入れ、新製品の評価が明確にならないうちに購入してしまう。

②アーリー・アダプター(13.5%)・・・新しい物好き。先行ユーザーのことはあまり気にせず、自分が良さそうだと思えば、購入する。友人や家族などに影響力がある。

③アーリー・マジョリティ(34%)・・・他人が購入し、実際に使ってみて評価が良ければ購入する。

④レイト・マジョリティ(34%)・・・新製品・新サービスには懐疑的。その製品・サービスがかなり普及しないと購買行動を起こさない。(おそらく今頃スマートフォンを購入する人)

⑤ラガード(16%)・・・最も保守的な購買層。新製品・新サービスがかなり普及してから、最後に購入するか、しない人。(おそらく、今頃携帯電話を購入する人)

新製品・新サービスを広く普及させるためには、まず イノベーターやアーリーアダプターに受け入れられなくてはならない。その後にアーリーマジョリティに受け入れられる方策をとる必要があるでござる。ところが、アーリーアダプターは新しい物好きなのだが、アーリーマジョリティには、人より遅れたくないが、すでにある程度多くの人が使っていてリスクが少ないものを好む安定志向型の面があり、その性質は異なるのでござる。それゆえ、製品の普及段階によって対象とする顧客層は変わり、それを普及させる企業側もマーケティング戦術を変えていかなければならないのでござる。

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。