スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃料電池車

タイトルとは直接関係ないのだが、先日帰り道にうん〇を踏んでしまった。近頃は飼い主のマナーが良くなっているので、この前にいつ踏んだのかは記憶にないが、高校生の頃の通学路がかなり危険だったことを思い出した。それにしても、20分くらい気分が凹んだのでござった。

昨日、燃料電池車のニュースを観たのでござるが、燃料電池車は一回の補給で500km以上走れるところまで、技術が進んでいて、2015年には一般販売される予定だそうだ。人でも動物でも車でも何かが動くためにはエネルギーが必要で、エネルギーには排出物が必ずついてくる。燃料電池車は空気と水素をエネルギーに電気をおこし、排出されるのは水だけだそうだ。空気と水がエネルギーなら、領土問題の一部も解決しそうだし、経費も減りそうだ。それに排出物が水なら、踏んでも気分が凹むことはなさそうでござる。

(これで記事が書けたので、踏んだことも無駄ではなかったのだろう。)

 
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。